WiMAXとは何?仕組みについて解説します。

WiMAXとは?

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが提供する無線を利用したインターネット通信サービスです。

UQコミュニケーションズは、大手通信会社KDDIグループの一員で無線データ通信事業を担っています。

現在の主流サービスは、後継の「WiMAX2+」です。

一昔前までWiMAXでしたが、それがパワーアップしてWiMAX2+となって現在提供されています。

Pocket Wi-Fiと何が違う?

WiMAXは、Pocket Wi-Fiと同じです。どちらも同じ無線によるインターネットのサービスです。

小型の持ち運び可能なルーターをPocket Wi-FiやWiMAXと呼んでいます。

WiMAXは、どこの会社が提供?

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供する無線を利用したインターネット通信サービスです。現在ではいくつもの会社から提供されているWiMAXですが、その本家とも言えるのがUQ WiMAXです。

UQが本家としてWiMAX回線の提供元です。GMOとくとくBBやSo-netなどのプロバイダーは、UQから回線設備を借りて通信サービスを行っています。GMOとくとくBBやSo-net、BIGLOBEなどは、wimax比較サイトなどにもよく登場しますね。

月額料金、キャッシュバック金額、解約解除料、端末代金などは、WiMAXを販売する会社により異なりますが、通信そのものは全てUQが提供する電波を使っています。エリアや速度や電波の強度などはどこも同じです。

しかし、提供元のUQが本家なので、UQ通信品質が間違いなく一番良いと言えます。

GMOとくとくBBやSo-netなどは、販売代理店と言った方が分かりやいです。UQがプロバイダにWiMAXを代理販売させている理由はいくつかあります。

・他社プロバイダにも販売を任せることで、UQ自社の販売経費を削減でき結果的にUQが利益を出せる
・WiMAX回線の販売実績によって委託料を変えることで、代理店の努力を促進でき、多くのサービスが生まれる
・販売業者の自由競争でWiMAX回線の売上が上がり大元のUQの売り上げが伸びる

UQが自社でのみWiMAXを販売するより、多くのプロバイダにも販売を協力してもらった方が販路拡大が見込めます。さらに各プロバイダ同士で価格やサービスを競わせることにより、サービスの多様性が生まれ、様々なニーズに応えらることができるのです。

プロバイダ各社でお客様が契約してくれることで、UQにも使用料が入ってきますので、利益を上げることができるのです。

仮想通貨FX、トレード時によく使われる用語とは?

通貨ペア

通貨ペアとは、交換する2種類の通貨を示すものです。

ビットコインとアメリカドルを交換する場合はBTC/USD、イーサリアムとビットコインを交換する場合はETH/BTCのように表記されます。
ティッカーシンボルを覚えておけば、どの通貨ペアかをすぐに判断できるので、少しずつ覚えるようにしてください。

仮想通貨は基本的にビットコインと交換することが多いので、「xxx/BTC」と書かれた通貨ペアを目にする機会が多いでしょう。

スプレッド

スプレッドとは、売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、これが広いと不利なトレードになります。

特に販売所方式で仮想通貨FXを提供している事業者の場合、スプレッドが広い事が多いので注意してください。

取引所型式で提供している事業者はスプレッドが狭いのでとてもオススメです。

売買手数料

売買手数料は取引手数料とも呼ばれ、トレードする際にかかる手数料のことです。

これが高いと資産が目減りするので、なるべく安い取引所を使うのがオススメです。

ショート・ロング

ショート・ロングとはポジションの方向を示す用語です。ショートは売り、ロングは買いを示しています。

メイカー・テイカー

メイカー・テイカーは注文する際によく聞く用語で、それぞれ以下の意味を持っています。

メイカー(Maker)

メイカーとは、オーダーブックに出ていない価格で注文を出すことです。新たな注文情報をオーダーブックに載せることからメイカーと呼ばれています。

テイカー(Taker)

テイカーとは、オーダーブックに載っている価格で注文を出すことです。

オーダーブックに載っている価格で指値注文をした場合及び成行注文をした場合がこちらに当たります。

テイカーの場合、すぐに注文が成立するというメリットがありますが、その反面手数料が高めに設定されていることが多いので注意してください。

指値注文

指値注文とは、トレードする価格をあらかじめ指定して注文する注文方法です。

買い注文の場合は売り注文と、売り注文の場合は買い注文と一致するとトレードが成立します。

逆指値注文

逆指値注文は、指値注文と同様にトレードする価格をあらかじめ指定して注文をだします。

買い注文の場合は指定価格以上になったら買い、売り注文の場合は指定価格以下になったら売ります。
トレンドを見極めれば有効なトレード方法になるでしょう。

成行注文

成行注文はすでにオーダーブックに載っている注文情報を有利な順に消化していく注文方法のことです。

つまり、買い注文の場合は安い方から、売り注文の場合は高い方から消化します。すぐにトレードが成立するので、速やかに売買したい時におすすめです。

利ざや・逆ざや

利ざやとは、価格変動によって購入価格より現在の価格が高くなっている状態のことを指しています。
この場合、含み益が出ています。

逆ざやは利ざやの逆で、購入価格より現在の価格が安くなっている状態を示しています。こちらは含み損が出ている状況です。

皆さんは、サニーコイン通貨、Dataeum通貨、Monarch通貨などの仮想通貨の名前を聞いたことはありますか?これらは、海外の取引所で取引ができる通貨です。ハイリスクハイリターンですが、大きな利ザヤが狙えるので、是非試してみてください!

仮想通貨FXとは何?現物取引との違いは?

FXとは?

FXとは、他の国の通貨を買ったり売ったりして利益を出すことです。
1ドル=100円の時に買って1ドル=120円になったら売ると20円の儲けという仕組みで利益を出します。

FXとは、「Foreign Exchange」の略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」と言います。FXを一言で表すと、「異なる通貨の売買」です。

通貨の価値を「レート」というのですが、こちらのレートは常に変動しています。FXではこのレートの変動を利用して利益を出しているのです。しかし、レートだけを見てFXで利益を出すのは簡単ではありません。

利益を上げるためには、通貨がいつ安くていつ高いのかという相場の流れを知り、売り買いのタイミングを知る必要があります。

そこで、通貨の価格を時間軸でグラフ化したチャートを見てFXをするのが一般的です。

では、次に「仮想通貨FX」について説明していきます。

仮想通貨FXとは?

  1. 仮想通貨FX(ビットコインFX)とは、仮想通貨(ビットコイン)を用いたFX取引。
  2. レバレッジをかけて、預けたお金(証拠金)より大きい金額で取引できる。
  3. 大きな利益が期待できる分、リスクも伴う。取引所ごとのルールを把握しましょう。
  4. リスクを抑えながら、利益を狙うには、レバレッジ倍数、取り扱い通貨、手数料、運営体制、ロスカットルールが適正な取引所を選択する。
  5. 追証があまり発生しないロスカットルールに関しては、『GMOコイン』と『BITPoint(ビットポイント)』が良心的である。
  6. レバレッジ倍数も最大10倍まで対応し、アルトコインもレバレッジ取引にも対応しているので、仮想通貨FX(ビットコインFX)では『GMOコイン』が最もおすすめ!

仮想通貨FXとは、証拠金を預けてその数倍から数十倍のお金をレバレッジ(動かせる)できるレバレッジ取引ということを行える取引方法です。現物である日本円だけを使ってトレードを行う本来の取引とは違って、仮想通貨FXならではの高額の取引が可能です。

仮想通貨FXは、リスクはあってもできるだけハイリターンを狙いたいという人たちに人気の取引手法となっています。

現物取引との違いは?

仮想通貨の現物取引は、その時々の相場の現在価格で仮想通貨を売買する取引方法です。

例:1BTC=1万円の時にビットコインを1BTC購入して、1BTC=2万円に価格が上がれば1万円の儲けです。逆に1BTC=5,000円に下がれば5,000円の損です。

一方、仮想通貨FXではビットコインの現物がなくとも、売買したと仮定したときの差額が利益となります。これは、「差金取引」とも呼ばれ、「売り注文」から始められるのが特徴です。相場が下落している局面でもショートポジション(空売り)などの方法で利益を出すことができます。 また、レバレッジを使えば預けた証拠金の数倍から数十倍の金額を使った信用取引ができ、より大きな利益をあげることができます。

今後の価格高騰を狙って資産の一部を仮想通貨で保有しておく仮想通貨投資も仮想通貨に資産的価値があるからできることです。

個別の仮想通貨に関しては、メジャーなものでbitcoin、リップルなどがあります。新興の仮想通貨は、jbcoin仮想通貨やLODE、UNIZONなどがあります。是非これらの仮想通貨で取引をしてみましょう!